睡眠時に無呼吸になる病気

healthy women

病気の注意点

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣から来るストレスや肥満、喉の形状から引き起こる睡眠トラブルです。放置すると大病や交通事故にも繋がるため、異変を感じたらすぐに治療をする事で体調も改善されます。また睡眠時は自分自身では見る事ができないため、一緒に暮らす人の協力が必要であり指摘される事で初めて分かります。睡眠時無呼吸症候群の注意点は不整脈や心筋梗塞、突然死を引き起こす事もあるため早期治療が必要です。また睡眠時に無呼吸になる事で、大切な睡眠が妨害されるため昼間に強い眠気を感じる場合があります。この眠気と糖尿病の症状が重なると、運転時に一時的に意識を失う事があります。意識を失うと車が勝手に暴走し他の人を巻き込む可能性もあるため、早期治療が早急に必要となります。

病気の特徴

睡眠時無呼吸症候群の特徴はいくつかありますが、寝ている状態では本人は分かりにくいのが現状です。ただし起きている状態でも判別がつく症状があるので、それらを参考にして担当医師と相談すると良いです。医療施設を利用する場合はなるべく最新医療を提供している施設が良く、比較的簡単な方法を用いて短時間で治療に取り組む事ができます。睡眠時無呼吸症候群を起きている時に判別するなら、昼間に急激が眠気を感じる点やだるさや倦怠感がある等が挙げられます。また起床時口が渇いていたり熟睡感が無い、スッキリ起床できない場合や頭痛がする場合もあります。睡眠時に見られる症状はいびきをかく事や一時的に呼吸が止まる事、むせたり寝汗をかく事もあります。